男性と女性の転職はどう違うのか

女性が転職を成功させるポイントは、男性とはやや違ってきます。企業のなかには女性の採用を敬遠するところがあり、これは出産や子育てにより、長期間にわたって職場を離れてしまう人がいるためです。

ブランクを経てから再び働きたいという女性は、復職サポートが充実している職場に転職しましょう。復職サポートのある職場は、一般的にそれほど忙しくない傾向があります。人員に余裕があるケースが多く、人材教育や復職サポートなどに多くの時間をかけられるわけです。

転職活動を有利に進めるためには、代えのきかない人材になることがポイントです。そのためには積極的に資格を取得していくのが得策でしょう。業務独占資格を有していれば、企業は即戦力となる人材だと判断します。資格取得には相応の労力と時間を必要とするので、企業側に対してキャリアアップ志向の強い人材であるアピールができます。資格は荷物になることはないので、ブランク期間中に取得しておきましょう。

転職活動をするときは職場の男女比を確かめておくのが得策です。女性の比率が高ければ高いほど、女性にとって間口が広くなっています。例えば薬剤師や看護師、介護士などは女性が活躍しやすい職業です。書類選考では在籍年数をチェックされますが、これはすぐに辞められないか見極めるためです。一般的に3年以上の在籍期間があれば、プロとして認識してもらえることが多いので、転職活動では3年以上勤続することを視野に入れて職場探しをしましょう。