将来設計を考えた女性の転職

女性の転職ではライフプランとキャリアプランのバランスを考慮することが大切です。キャリアを重視して転職を目指すのか、それとも家庭生活を大切にしたいのかをよく考えて将来設計をしましょう。家庭を作るのも作らないのもどちらも選択は自由です。しかし、転職を考えるのであれば将来設計をした上で、転職に対しての希望条件を絞ることが重要です。家庭との両立を目指した転職を希望するなら、転職先の産休や育児休暇の取得率、有給の消化率、平均残業時間は、チェックしておくべきポイントです。

キャリアアップを目指すなら、転職を希望する会社の女性管理職の比率は、知っておくべき重要なポイントです。男女平等を社会が重視するようになった現在でも、性差の違いでキャリアに差が生まれる職場はまだ存在しています。そのような職場では、仕事の成果に対して正当な評価が得られるとは限りません。

なお転職を成功させるには、職場に対してできる貢献が何かを考えて、転職先を選ぶ必要があります。ライフプランとキャリアプランをバランスよく考慮して希望条件を絞ったとしても、貢献できない人材は必要とされません。

少しでも自分が会社にとって貢献できる人材だと知ってもらうには、自身が持っているスキルや経験を余すことなく掘り起こすことが大切です。スキルや経験の掘り起こしには転職エージェントの利用を考慮してみるとよいかもしれません。転職エージェントは、転職希望者の要望に合わせて転職活動の支援をしてくれるサービスです。客観的な意見が得られるので、自己のスキルや経験の棚卸しもしやすくなります。