女性に人気の医療・福祉系の仕事

ライフスタイルが変わっても女性らしさをいかしながら働き続けるには、資格を取得し手に職をつけることが大切だと考える女性は多いようです。女性らしさをいかせる仕事として、美容やアパレルといった業種が人気ですが、女性であっても男性と並ぶ収入が得られ、取得した資格は全国どこででも通用することで人気の医療・福祉系の人気の職業をご紹介します。

まず挙げられるのは看護師です。専門学校で知識を学び、国家資格を取得します。平均年収450万、女性でもかなりの高収入が得られる仕事です。看護師は常に人手不足ということもあり、ブランクがあっても、高い年齢でも就職しやすい職業です。一度取得した資格は全国で通用するため、職場の環境が合わない場合、転職先も見つけやすく人気があります。

介護福祉士も、女性から人気のある職業です。専門学校で体系的に介護について学び、国家資格に挑みます。主に老人ホームで食事や入浴など施設を利用する高齢者が安心して生活できるようお世話をする仕事です。夜勤なども含めると月収40万円稼ぐ人もいます。直接高齢者とかかわることで良い変化を感じたり、感謝の言葉をもらえたりといった事がやりがいです。

薬剤師も人気があり、大学にて6年間学び薬剤師国家試験に合格し、薬剤師免許をとる必要があります。薬剤師も看護師や介護福祉士と同様、ライフスタイルの変化に応じて柔軟な働き方を選ぶことができます。専門性、社会的地位の高さも魅力の1つです。パートで勤務した際、薬剤師の全国平均時給額は2,200円です。他にもフリーランスで仕事ができる心理カウンセラー、医療事務といった仕事も人気があります。